2012年10月07日

ヒース帯3000~4000m(下部)

ヒース(heath)というのは日本人になじみの薄い言葉である。もともとはヨーロッパ(イギリスのスコットランドなど)のヘザー(heather, Calluna vulgaris)が優占する低木林を意味する。日本語にすると「低木林」となってしまうが、ヒースはふつう森林には含めない。森林の定義は樹高5m以上とするのがふつうなので(FAOやUNESCOの定義)。ヘザーはツツジ科の常緑低木で、葉が小さい。小さい葉がびっしりついた枝がまっすぐ伸びるので、遠目に見ると針葉樹のように見える。キリマンジャロのヒースで優占するErica属もツツジ科の常緑低木であり、ヨーロッパのヘザーにそっくりである。
 
下の写真はForest CampからShira Ridge(3600m)を越えて、Shira 1 Camp(3500m)へ向かっていくところ。背丈ほどのEricaが優占する。
イメージ 1
 
ヒースは繰り返し起こる山火事で維持されているのかもしれない。焦げ跡のある株を見かけた。Shira Plateau3600m付近。うしろはShira Ridgeのピークで3962mある。ちょうどカルデラのど真ん中付近で乾燥しているのかもしれない。
イメージ 2
 
同じShira PlateauをKiboのMoir Hutに向かって3900m付近まで登ったところ。Shira Ridgeと同じぐらいの標高まであがったので、先ほどよりは湿っているのだろう。サルオガセがついたEricaは、キナバル山の山頂部のLeptospermum recurvumに似ている。
イメージ 4
 
典型的なヒースでは、Ericaが密生するのでDendrosenecioが生える余地はない。ここでは例外的に谷間にDendrosenecioが生えている。急斜面でギャップのようになっているのだろう。Mwekaルート3500m付近。
イメージ 3
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 01:16| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森林帯1800~3000m

南斜面では標高約2500mまでCamphor tree (Ocotea usambarensis)が優占する。Mwekaルートの標高1900m。林冠が鬱閉して、木性シダ以外の低木層を欠く。時折Ocoteaの大木があるが、それ以外の点では一斉林の二次林に見える。
イメージ 1
 
林冠にはMacaranga kirimandsharikaが混じる。アリ植物ではない。下のほうの葉はOcotea。
イメージ 2
 
Ocoteaの樹皮は薬用に採取される。Camphor treeというとおり、クスノキ臭がある。
イメージ 3
 
標高2500mあたりになるとコケがびっしりとつき、雲霧林的になる。乾燥した西斜面ではこのような場所は見なかった。
イメージ 4
 
森林限界の3000mに近づくと優占種はPodocarpusになる。樹冠にはサルオガセ(Usnea sp., Oldman's beard)がびっしりとつく。
イメージ 5
 
西斜面のLemoshoルートでは2800mのForest CampまではPodocarpusが優占するが、2800mから森林限界の3100mまではJuniperusが優占する。やはりサルオガセがびっしりと着く。湿潤な南斜面にはJuniperusは分布しない。
イメージ 6
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 00:23| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

山麓帯800~1800m

山麓帯のうち、湿潤な南斜面ではコーヒーなどが栽培されており、原生的な森林は残っていない。アルーシャ近郊(標高1500m)にて。コーヒーといっしょに日陰を作るシノブノキGrevillea robusta(オーストラリア原産、ヤマモガシ科)が植えられている。
イメージ 5
 
乾燥した西~北斜面の山麓にはサバンナが広がる。シロアリの塚が点在する。標高1500m程度の西山麓からキリマンジャロを見たところ。左手前にShira Plateauの稜線が見える。その右奥にあって雲の中にあるのが主峰のKibo。
イメージ 1
 
やや標高があがると植林地が広がる。イトスギとマツが植えられていた。
イトスギは、おそらくMexican Cypress(Cupressus lusitanica)。
イメージ 2
 
マツはおそらくPinus patula (Mexican Sweeping Pine)。
イメージ 3
 
植林地のところどころにサバンナと多雨林の中間的なDry forestが残っていた。ハシラサボテンのように見えるのはEuphorbia candelablum。
イメージ 4
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 23:18| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。