2012年10月07日

氷河・裸地5000~5895m

標高5000mを超すとほとんど無生物の世界となる。日平均気温は0℃以下である。降水は雪による。山頂までコケや地衣類が分布するらしいが、それらしいものは見かけなかった。維管束植物では、標高5670mの噴気孔でHelichrysumが見つかったのが最高記録だという。
 
キリマンジャロの山頂部はカルデラになっていて、外輪山の中で一番高いところが山頂(Ufuru Peak, 5895 m)である。下の写真は山頂からカルデラの内部を見たところ。右端に火口丘が見え、中央に氷河が見える。氷河があるあたりの標高は5700m。
イメージ 1
 
上の写真で一番手前に見えている氷河の前に来たところ。厚さは10m弱。
イメージ 2
ラベル:アフリカ
posted by なまはんか at 04:12| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高山沙漠4000~5000m

標高4000m程度を超えると植物がほとんど見られなくなり、高山沙漠(砂だけでなく岩も多いので砂漠より沙漠のほうが適切?)と呼ばれる。気温が低いせいか、乾燥のせいか、どちらの影響が強いのだろうか?
 
4600mのLava Tower Camp近くの沢沿には湿地のような植生が発達する。なので、乾燥の方が強く植生を制限しているのだろう。白っぽく砂丘のように見えるのが、かつて存在した氷河の末端にたまった堆積物(モレーン)。その下には伏流水があるらしく、モレーンの下の谷間に地表水として出てきている。その沢沿いにまとまった植生が広がっている。沢からはずれた乾燥地には植物はまばらにしか存在しない。
イメージ 1
 
沢の上流側から下流側を見たところ。沢の水は氷っている。
イメージ 2
 
尾根沿いは乾燥していて典型的な高山沙漠の景観となる。登山では砂埃に悩まされる。Karanga Campから少し登った標高4200m付近では、霧が上がってくる斜面下側にだけサルオガセがついている。イメージ 3
 
Barafu Campの下あたり(標高4500m)。岩は節理面の間の水分が凍結と融解を繰り返し(周氷河作用)板状に砕けている。植物は砕けていない岩の隙間に生えている。岩に当たった霧によって水分が供給されたり、岩の日陰になるため蒸発が少ないことにより、水分条件がよいのではないだろうか。
イメージ 4
キリマンジャロの岩は、スコリアや軽石を除けば溶岩しかないと思うのだが、まるで堆積岩のように板状に割れるのは不思議である。板状節理のためであろうか?
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 03:34| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーアランド3000~4000m(上部)

ムーアランド(Moorland)というのもなじみのない言葉である。というか、おそらくヨーロッパ人にとってもそうではないか?辞書によるとMoorlandもHeathとほとんど同義である。キリマンジャロでは、ヒース帯の上部にあって、巨大ロゼット植物(giant rosette plants、ロベリアとデンドロセネシオ)が生育している地帯をムーアランドと呼んでいる。ヒース帯の上部になるとEricaが密生しなくなるので、耐陰性がない巨大ロゼット植物が生育できるようになるのだろう。ただし、巨大ロゼット植物の分布は谷地形に限定されており、ヒース帯の上部であっても尾根の上には見られない。南斜面の尾根上ではErica属が優占する低木林がHelichrysum属が優占する低木林に明瞭に移り変わる。後者はヘザーとは見た目がかなり異なり、ヒースとはもはや呼び難いので、巨大ロゼット植物がなくてもムーアランドということになるだろう。
 
手前の葉が細長くてボール状の植物がLoberia、奥にある葉が幅広い植物がDendrosenecio。
イメージ 1
 
デンドロセネシオの群生地として有名なBarranco Valley(標高4000m)。デンドロセネシオは地下水に依存していると思われる。
イメージ 2
giant rosette plantsは、世界各地の熱帯高山で独立に進化したと思われる。ハワイにはキク科のArgyroxiphium(silversword=銀剣草)、ヒマラヤにはタデ科のセイタカダイオウ、南米にはキク科のEspeletiaとブロメリア科のPuya、ニューギニアに木性シダ(Cyathea)、カナリー諸島にEchium(ムラサキ科)などがある。
 
南斜面Mwekaルートの標高3900m付近。一面に灰白色のHelichrysum属が生えている。
イメージ 3
 
しばらく下ると緑色をしたEricaの優占するヒースになる。下方に見えるのはHigh Camp (Millenium Camp, 3800m)。
イメージ 4
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 02:07| タンザニア(キリマンジャロほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。