2013年04月08日

私の経験した人種差別

イギリスも多民族国家であり、特にロンドンは白人のキリスト教徒の人口がついに昨年50%を下回ったことが報道されたほどの「人種のるつぼ」となっているので、普段生活していて人種差別を感じることはなかった。むしろ、逆に、外国人なので手加減して、と思うことが多かった。町で歩いていると、白人が私に道を聞いてくる。あんたのほうが現地人に見えますけど・・・。アジア人だからといって、英語も手加減なし。あの、もう少しゆっくりしゃべっていただけませんか・・・?
 
ただ、私が行くような庶民的な店では、店員の多くが非白人であった。激安のファーストファッションのPrimarkに至っては、店員は100%非白人(南アジア人が多い)であった。おそらく白人より人件費が安くて済んでいるのだろうから、これは構造的な(心理的ではないだろう)人種差別が原因と思われる。おもしろいのは、こういう店でも客はほとんど白人であることで、客=白人、店員=非白人という図式は、こんな店に来る客の白人も決して経済的地位が高いというわけではないはずなのだが、やはり構造的な人種差別を表しているように感じられた。
 
さて、私が明らかな人種差別的発言を受けたのは、イギリス滞在中1回きりであった。ロンドンの副都心のひとつHammersmithで買い物をし、帰りのバスをバス停で待っているときであった。上に述べたとおり、ロンドンは人種のるつぼであり、街ゆく人を観察するのは大変おもしろい。私はバスを待ちながら、それとなく通行人を観察しているつもりであった。そんなおり、ふと中年の白人男性に目が留まった。なにかぶつぶつ言いながら、険しい顔をして歩いている。なんでそうなのか、とついじっと見てしまった。するとその男性が私の視線に気づき、「fxxking China man!」と吐き捨てるように叫んでそのまま歩き去って行った。おそらくその男性は酔っぱらっていたと思われた。
 
イギリスでもアメリカと同様、ほとんど東アジア人=中国人なのであろう。
ラベル:ヨーロッパ
posted by なまはんか at 22:46| ロンドン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

イギリスの下宿

イギリスでは、キュー植物園近くの老婦人の家の一室を間借りしていた。
キュー植物園には世界中から研究者が訪問するので、部屋を貸してくれる周辺地域住民のネットワークを築いていて、滞在予定を知らせると部屋斡旋の担当者が手配してくれる。
 
キッチンとバスルームは大家さん(およびもう一人の下宿人)と共用であった。キッチン用品は自由に使わせてもらえたが、さすがに炊飯器はないので、コメは鍋で炊いていた。インディカ米をたっぷりのお湯でゆでて炊く方法を覚えたら、早いし洗い物も楽だし一石二鳥であった。バスルームには立派なバスタブはあってもシャワーがないという、ものの本で読んでいたイギリス名物の代物で、体を洗って汚れたお湯に浸かった体をそのまま拭いておしまいというのは、日本人だと気持ち悪い人がいるかもしれない。大家さんは自分ではパソコンを使わないが、下宿人のためにワイヤレスでインターネットを使えるようにしており、大変助かった。
 
で、英語の表現なのですが、日本語の「大家さん」=「家主」に相当する言葉は英語にはないらしく、家主=地主であるのが普通なので、landlord(特に女性の場合はlandlady)であるそうな。私の大家さんであるところの老婦人は、「大仰にきこえるけれど(It sounds grand)」、とそのように教えてくれた。
 
いっぽう、私、つまり下宿人のほうは、lodgerという。lodgeという名詞は小屋という意味で、同じ意味で日本語でもカタカナ語として使う。一方、動詞としては、lodgingという現在名詞形で一般的に宿泊という意味で使うことは知っていたが、辞書によると、その複数形のlodgingsが特に「下宿、貸し間」を意味するらしい。
 
大家さんの両親は、お母さんがlandlordの娘、お父さんがlodgerだったそうである。『めぞん一刻』ですね(響子さんはlandlordの義理の娘である未亡人なので、ちょっと違うが)。
 
私の観察では、大家さんの暮らし向きは、階級社会であるイギリスの中では、中流の下(lower middle)ぐらいではないかと思われた。そもそも下宿人を置いて、生活費の足しにしようというのであるから、上流階級でないのは明らかである。もちろん使用人などいるはずもなく、庭の草刈りやら庭木の剪定(なんとチェーンソーを自分で使用!)やらの家の管理、車のタイヤの空気圧の調整に至るまですべて自分でしていた。 以前南米からきた下宿人に、なぜ召使いにやらせないのか、と不思議がられたと大家さんは苦笑していた。家の電気配線関係に故障が生じたときはさすがに自分では対処できなかったが、修理を業者に頼むことはせず、今は独立して別に家庭を持っている(しかし、日帰りで訪問可能なロンドン市内に住んでいる)息子に頼んでいた。草刈りや剪定だって息子に頼めないこともないだろうに、家族であっても安易に頼ることなく自分でできることは可能な限り自分でするという、イギリス人の(おそらく多くの欧米人に共通する)強靭な独立心・個人主義を感じた。
 
 
 
ラベル:ヨーロッパ
posted by なまはんか at 06:36| ロンドン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

イギリスのスーパードライ

日本でスーパードライといえば、某社のビールですが、イギリスではこれです。
イメージ 1
けっこう見かけます。イギリスで急成長中のブランドで世界中に進出している。創業者が日本に行ったときに受けたインスピレーションが、英語+日本語(または中国語、またはそれらモドキ)の文字を配置する独特のデザインを生み出したそうです。日本には未進出。某社ビールとの商標の問題があるのかしれない。
 
ロンドンの繁華街の旗艦店がこちら(Regent Street)。この差し向かいにはユニクロも出店している。
イメージ 3
イギリスの冬服の色は圧倒的に黒が多い。私はベージュ色のコートを着たアジア人なので、この中に入るとけっこう浮いているかもしれない。
 
ものはしっかりしているようで、けっこういい値段がする。ケンブリッジでポスドクをしているAさんはイギリス生態学会でジャンパーを着ていたが、私は断念。一番安いTシャツを購入した。旗艦店の3階はほぼTシャツだけで占められ、デザインには豊富なバリエーションがある。女物のタグでは、かわいく?「極ー度乾燥しなさーい」と伸びが入っている。伸ばしどころは日本語として不自然ではない。Tokyoもあるが、なぜかOsakaが多いのには、Japan=Tokyoというステレオタイプを乗り越えようとする意志を感じる。しかし、「優勝者?」という文字には単語としても字体にも違和感を禁じえない。総じて、違和感をもつ場合がほとんど。もし日本人がねらってやっているんだとするとすごいが、日本人はデザインに関与していないんだろうな、たぶん。日本でよくわからん英文をデザインに使っているのと同じで、収斂進化なんでしょうね。イメージ 2
念のため。これは自分用ではなく女房へのお土産用。
ラベル:ヨーロッパ
posted by なまはんか at 08:37| ロンドン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。