2011年12月07日

柴谷篤弘

11月に人に聞いて柴谷篤弘先生が2011年3月に亡くなっていたことを知った。享年90歳だったという。東日本大震災の2週間ほど後だという。私の購読している地方紙には訃報が載っていたのだろうか?不覚にも気が付かなかった。
 
私より一回り以上の世代の人には有名だが、私と同じかそれ以下の世代では、生物学をやっていても柴谷さんのことを知らない人の方が多いのではないかと思う。私は科学論に興味があったので、学生の時に柴谷さんの著作をだいたい読んだ。一番おもしろいと思ったのは、構造主義生物学に関する一連の著作で、ソシュールの言語論と遺伝暗号の類似性に関する議論は、まさに目から鱗が落ちる思いがした。構造主義生物学を体系的に展開した論客というと池田清彦である。柴谷さんの議論は池田のそれにくらべると萌芽的だが、本質がはっきりしてわかりやすかった。私が学部生のころ、柴谷さんは京都精華大学の学長をされていて、京大の大学祭の講演会に来られたことがあった。講演会の後の懇親会の席で親しくお話をさせて頂き、後日絶版のため入手できなかった『構造主義生物学原論』を送っていただいた。京大新聞に私が書いた記事(「構造主義生物学」の研究プログラムとしての欠点を指摘)は、「私もすでにそのことは指摘している」と一蹴されたが、研究者をしている今ならその反応も理解できる。
 
大学院に進んで研究室で話をしていて、尊敬できる学者はだれかという話になった。私より1学年上で、サラワクの熱帯林を研究していたMさんはAshtonさんをあげた。私が柴谷さんの名前をあげると、数理生態学のH教授に、あの人は尊敬できないと言われたので、びっくりした。構造主義生物学関係の研究会での司会のしかたが、議論を避けるような感じで、感心しなかったというような趣旨だったように記憶する。そのMさんもH教授も柴谷先生も亡くなられた。
 
晩年柴谷さんは生態学へ接近され、今西錦司や遡上回遊魚が物質循環に果たす役割などに興味を持たれていた。ただし、構造主義生物学と生態学のかかわりは薄い。しかし、生物学が物理学・化学に還元されることはない(ラプラスの悪魔は存在しえない)、という生物学の究極的な意義は、まさに構造主義生物学的見地に見いだされる、と私は考えている。
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 04:57| 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

物質循環

物質循環とは、「生態系の中で物質が物理的、化学的性質を変えながら循環すること」である(大辞泉)。
 
生態学の用語では、日本語の術語に対応する英語がはっきりしているものが多いが、物質循環に対応する一般的な英語はないような気がする。直訳すればmaterial cycleなどになるのだが、あまり見かけない。
 
生物地球化学的循環というのがほぼ同義で、英語ではbiogeochemical cycleと言い、こちらのほうが一般的なようだ。BiogeochemistryやGlobal Biogeochemical Cyclesというタイトルの学術雑誌もある。大手信人は日本語の「物質循環」に「biogeochemical cycles」をあてている(「森林水文学」森北出版)。
 
栄養塩(養分)循環(nutrient cycling)という言葉は一般的だが、水や炭素(水素・酸素も)はふつう栄養塩には含めない。炭素も含めるならば元素循環(element cyclingまたはelemental cycling)という言葉がある。しかし、複数の元素(水素+酸素)からなる水(H2O)の循環を元素循環に含めるのには違和感がある。
 
以下がGoogle Scholarの検索結果のヒット数。循環に対してはcycle、cycling、circulationなどがあるが、cyclingを用いるのが一番ふつうのようだ。ヒット数の後のかっこ内に記した生態学の教科書が、それぞれの英語を「物質循環」に対してあてている。
 
material cycle 3220(「生態学事典」共立出版、「地球生態学」岩波書店)
material cycling 2630
material circulation 2860(「ベーシックマスター生態学」オーム社)
materials cycle 1520 
materials cycling  341 (「生態学入門」生物研究社)
materials circulation 873
biogeochemical cycle 11000
biogeochemical cycling 22800
biogeochemical circulation 266
nutrient cycle 9320
nutrient cycling 154000
nutrient circulation 1390
element cycle 1010 ("Terrestrial Ecosystem Ecology" Cambridge Univ. Press)
element cycling 4370
element circulation 557
elemental cycle 232
elemental cycling 2330
elemental circulation 29
 
そのほか、"matter flow" + ecosystemで検索すると1430件ヒットする。
物質循環の一部に着目すると物質はそこにとどまり、そして流れていく。これをstock (pool) とflowという。このflowに着目したのが、matter flowということになる。しかし、地球レベルで物質循環全体を見渡すと、エネルギーは最終的に熱として地球の外に出て行く(もとは太陽から地球に入ってきたエネルギーなので)ため流れるが、物質は地球の外には出て行かず循環することになる。なので、特定の生態系についてmatter flowというのは誤りではないが、物質循環一般・全体についてはcycling のほうが適切である。

結論:日本語の「物質循環」に対応する英語は「biogeochemical cycles」である。cyclesと複数形にするほうが、各種の物質の、という感じが出てよいと思う。日本語の「生物地球化学的循環」は「biogeochemical cycles」の直訳だが、ふつう地球レベルの物質循環(=Global biogeochemical cycles)を意味する。
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 16:35| 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

林芙美子とボルネオ

桐野夏生『ナニカアル』(新潮社、2010年)を読んだ。週刊新潮に2008~2009年連載されていたらしい。そう言われると見かけたような気もするが、連載小説を読む習慣がないので、当時読んだ記憶はない。戦時中の林芙美子の従軍作家としての南方行を題材にしている。意外なことに舞台は『浮雲』のベトナムではなく、シンガポール(当時は昭南といった)とインドネシアである。インドネシアでは、スマトラとバリにも行ったことになっているが、ジャワと南ボルネオ(現在のインドネシア領カリマンタン)が主な舞台となっている。
 
小説なのでどこまで史実に基づくか定かでないが、南ボルネオではバンジェルマシンに行き、現地の日本紙『ボルネオ新聞』を手伝ったということになっている。バンジェルマシン(当時はバンジェルと略して呼ばれもしたらしい)は、今ではバンジャルマシン(Banjarmasin)と呼ばれており、インドネシア、南カリマンタン州の州都である。
来てみれば、バンジェルマシンも、昭南やジャカルタと同様だった。水道もない田舎だというのに、占領地には、様々な日本人が職を求めて、内地からやって来る。私と座談することになっている若い女性たちも、タイピストや事務員として、ここの民政部にやってきた・・・・また、南方には古くから住み着いて事業をしている邦人も多かった。金原藍子の家のように成功した日本人は、大勢の使用人に囲まれ、便利で美しい西洋式の住宅に住んでいる。(217ページ)
 
もし日本が戦争に負けたならば、日本人の農園主や商人は、ボルネオから追放されて、宏壮な屋敷も富を生む商売もすべて失い、命からがら逃げだすことになるだろう。どころか、命があるかどうかもわからないのだった。戦前に移住し、殖産に精を出してきた藍子の父親は、どう考えているのだろう。(225ページ)
 
「・・・私たち『復帰邦人』なんですよ。たった一カ月間だけ、内地にいて」・・・
「復帰邦人」とは、海外で商売や農園経営をしていて、戦争で一時帰国した後、軍が攻め取ったその地に再び帰還した日本人のことを言うのだ。(226ページ)
 
「・・・ここにいる僕らの家は皆、農園経営ですから、帰国を拒んだのです。一度仕事から離れれば、農園は荒れて元に戻すのに時間がかかる。それで、蘭印の官憲に捕まり、オーストラリア送りになったのですよ。年寄りの中には、船倉に閉じ込められて、病死した人もいます。・・・」(226ページ)
 
「オーストラリアで、男女別れて収容されました。家族はばらばらになって、別々の収容所で半年暮らしたんですの。その後は、ロレンソ・マルケスというアフリカにあるポルトガル領まで送られて、交換船で帰国しました。」(226~7ページ)
 
「・・・今や占領地ですから、今度は殖産興業に当たれと帰されたんです。父は半年以上もの荒廃を埋めるために必死ですよ。」・・・私は藍子の父親を見た。農民のごつごつした手を持つ父親は、居場所をなくした人のように上の空で、暗い夜空の彼方に目を遣っている。(227ページ)
 
石油、鉱山資源、ゴムなどを求めて増え続ける邦人に、現地の新聞は好評だった。四月(注:昭和18年)にはバリクパパンで、ボルネオ新聞東部版を出すことも決まった。(233ページ)
同じボルネオ島にあるマレーシア、サバ州のタワウには、窪田、久原、山本など日本人の名前を冠した「通り」名が残る(望月雅彦『ボルネオに渡った沖縄の漁夫と女工』ヤシの実ブックス、17ページ)。日本人墓地もあるそうだ。バンジャルマシンやバリクパパンではどうだろうか?なお、バリクパパンは東カリマンタンの州都サマリンダに近い港湾・工業都市(石油が出る)で、人口はサマリンダと同じぐらいだが、なぜか空港はバリクパパンの方が大きい。
 
『ボルネオに渡った沖縄の漁夫と女工』には、タワウ在留邦人のオーストラリア抑留の顛末が記されている。開戦翌日からオランダ人士官とオランダ領現地人兵によって「拉致」され、ジャワ島を経由してオーストラリアに移送されるまで、婦女暴行を含む非人道的な暴虐行為が繰り返された、とされている(タワウで拉致されたのは男性だけだったが、他地域からは婦女子も拉致されたらしい)。オーストラリアにおける抑留地はアデレード北方内陸のラブディ。タワウで「拉致」された邦人204名のうち、3名が抑留地で死亡、抑留後タワウに戻った「復帰邦人」は133名だったという。捕虜交換が行われたロレンソ・マルケスとは、現在モザンビークの首都となっているマプートのことらしい。
 
『ナニカアル』の巻末には参考文献がリストされている。その中に望月雅彦『林芙美子とボルネオ』(ヤシの実ブックス)がある。ネットで調べると、林芙美子はボルネオには行ったが、ベトナムに行ったことはないという衝撃的な内容のようだ。『浮雲』で書かれているベトナムは、林芙美子が実際に行ったことがあるパリ(インドネシアのバリ島ではなくベトナム宗主国だったフランスの)やボルネオの経験と、文献や伝聞に基づくものであるらしい。『浮雲』の主人公幸田ゆき子は、農林省から派遣される5人のタイピストの一人としてベトナム(当時は仏印といった)に渡ることになっている。まるで現地で見てきたかのような、でも文献に基づいて書いただけのようにも見える『浮雲』の一節はこちら。https://vegetation.seesaa.net/article/a8167688.html
 
桐野夏生という名前だけでは男か女かわからない。以前『柔らかな頬』という小説を読み、母の子を思う心情が強烈に書かれているのを見て、これを書ける男はいるだろうかとは思っていた。先日新聞に写真が載っていて、やはり女性であった。本書の奥付によると読みは「なつき」でなく、「なつお」なので、むしろ男の名前に聞こえる。
ラベル:小説
posted by なまはんか at 05:22| 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。