2010年09月21日

高山帯

ワシントン山標高1675m(5500feet)付近のクルムホルツ(krummholz)。クルムホルツはドイツ語で、英語にするとcrooked woodになる。日本語では「矮性森林」か?冬の強風と低温のため上に伸張できず、地面に這うような樹形になっている。針葉樹はモミbalsam fir(Abies balsamea)。赤く見えるのはツツジ科の低木。左手前の黄色い葉がかろうじて残っているのはカバノキpaper birch (Betula piperifera)。
イメージ 2
 クルムホルツ帯では、標高が上がるとともに、このように木がまばらに生えるようになり、もはや連続した森林を形成しなくなる。針葉樹林帯(亜高山帯)から高山帯への移行部と考えることができる。森林限界は決して一本の線ではなく、クルムホルツ帯全体にわたる幅の広い地帯ということになる。 https://vegetation.seesaa.net/article/a4134239.htmlの自動車道5500feetの写真参照。
 
ワシントン山の西側の山頂直下には、標高1525~1675m(5000~5500feet)の台地状の地形があり、Alpine Garden(高山庭園)と呼ばれている。9月中旬だが、すでに冬枯れ。初夏にはお花畑になるらしい。優占しているのは、スゲ(Carex bigelowii)。
イメージ 1
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 21:23| Comment(0) | ホワイトマウンテンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

針葉樹林帯

ワシントン山と谷(Crawford Notch)をはさんだ南西側にあるアバロン山(Mt Avalon)で針葉樹林帯の森林を観察した。登山口(1900feet=580m)から見たアバロン山。左手前のややとがった山(標高3442feet=1050m)。そのすぐ左後ろのなだらかな稜線はMt Field(4340feet=1323m)。谷をはさんだ右側はMt Tom(4051feet=1235m)。イメージ 1
 
Mt Avalon山頂からMt Tomを見たところ。2つの山の間の谷にかけて針葉樹林が広がる。標高は900~1050m(3000~3500feet)。白っぽいのがbalsam firで、黄緑っぽいのがRed spruce。Spruce-fir forestといっても、2種が同所的に混交するのではなく、それぞれがパッチを形成しているように見える。
イメージ 2
 
標高3000feet付近の森林内部。右側の白っぽい幹はbalsam firで、左側の黒っぽい幹はRed spruce。稚樹はbalsam firのほうが多い。
イメージ 5
 
Mt AvalonからMt Fieldを見たところ。見えているのはすべて針葉樹林帯の範囲内だが、けっこう広葉樹(ほとんどが2種のカバノキ属)が混交している。ただし山頂部はbalsam firが純林状になっていると思われる。右上に白っぽい部分があるのに注目。
イメージ 3
 
Mt Field山頂部の拡大写真。balsam firの純林になっているが、帯状のfir wave=「縞枯れ」が見える。イメージ 4
 
Mt Avalon山頂直下、Mt Fieldとの鞍部にbalsam firの純林があった。標高(1000m=3300feet)。
イメージ 6
 
Mt Avalon山頂部。露岩が点在し、モミ(左側)もトウヒ(右側)も盆栽状になって生えていた。カラマツ(Larix laricina)が1本だけあった(写真中央一番奥の黄緑色の木)。
イメージ 7
 
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 20:55| Comment(0) | ホワイトマウンテンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広葉樹林帯

ホワイトマウンテンズの北方広葉樹林(northern hardwood forest)。標高610m(2000feet)以下に分布する。ただし、この標高帯でも、針葉樹が優占することがある。ホワイトマウンテンズ東部のBlueberry Mountainでそれらの代表例を見ることができた。
 
これが、南麓(335m=1100feet)から見たBlueberry Mountain。山頂の標高は543m(1781feet)。イメージ 1
 
山麓の平地では、Eastern white pineが広葉樹の林冠から突き出て生えていた。下層には、Eastern white pineとともにBalsam fir、Red spruce、Tsuga canadensisの稚樹が多い。
イメージ 2
 
標高460m(1500feet)までは落葉広葉樹林が広がる。林内は明るく、林床植生が発達する。アメリカで初めてアメリカブナが優占する森林を見た。中央の幹が白っぽい木がアメリカブナ。
イメージ 3
 
ただし、谷沿いの急斜面にはツガ林が存在する。林内は暗く、林床植生はほとんど存在しない。
イメージ 4
 
標高460m(1500feet)から山頂直下にかけての急斜面には、トウヒのほぼ純林があった。
イメージ 5
 
これが山頂部(543m=1781feet)。岩がむき出しで土壌が未発達なためか、針葉樹が優占し下層にツツジ科のVaccinium(blueberrry)などが優占するヒース林になっている。イメージ 6
 
山頂部は台地状になっていて、ところどころ水がたまって湿地になっている。白いのはcotton sedge。一番多い針葉樹はRed spruce(写真の右端)、次に多いのは矮性化したEastern white pine(写真中央部に多数見える)、そして、たまにRed pineが混じる(写真左はし)。Eastern white pineは葉が白っぽくて細い。Red pineは葉が濃緑色で太い。山頂部にBalsam firはほとんどなかった。
イメージ 7
 
湿地には数本だけアメリカカラマツtamalack larch(Larix laricina)が生えていた。ホワイトマウンテンズでは、おもに湿地に出現するが、Mount Avalon(標高3442feet=1050m)の山頂でも1本だけ見た。気候的には生育可能なはずだが、なぜかワシントン山の山頂部にはない。ほかの樹種が生育しずらい場所に、たまたま種子が到達した場合にだけ出現するのだろう。生態学でmass effectと呼ばれる現象。イメージ 8
 
山頂部から南東を見たところ。谷に沿って帯状にツガ林が分布する(やや茶色がかった濃緑色)。その上流側と右側の斜面上方にはトウヒ林がある(黒っぽい濃緑色)。ただし、ツガ林が存在するのは谷の片方の斜面だけ(西向き斜面、谷の左岸)。谷の左岸のほうが傾斜が急なので、方位よりも傾斜のほうが重要かもしれない。
イメージ 9
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 13:33| Comment(0) | ホワイトマウンテンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。