2010年09月10日

ツガ林

国立公園のパンフレットによると、ツガ林(Hemlock forest)は、標高910m(3000feet)以下の沢沿いと、標高1220m(4000feet)以下の乾燥した斜面や尾根に成立するという。湿った沢沿いと乾燥した尾根では正反対の環境のようだが、沢沿いといっても、土壌の発達した肥沃な場所にはcove hardwood forestが成立し、Hemlock forestが成立するのは土壌が未発達の岩礫地ではないかと思われる。岩礫地は沢沿いであっても雨が降らなければかなり乾燥する場合があるのだろう。
 
Fraser firがヨーロッパ原産のBalsam woolly adelgidによって壊滅的な被害を受けたのと同様、Eastern hemlock(Tsuga canadensis)は、中国・日本原産のhemlock woolly adelgidによる被害を受けている。
 
下の写真はChimney Tops Trailの起点からすぐの本流沿いのHemlock forest (標高1000m)。ほとんどのhemlockが枯れている。下層にはシャクナゲ(たぶんrosebay rhododendron、Rhododendron maximum)が密生する。
イメージ 1
 
こちらが、乾燥した尾根と斜面のツガ林。やはりほとんど枯れている。一番手前の黄緑色の部分は谷沿いのcove forest(Chimneys Picnic Area)。斜面の谷部は広葉樹林になっている。標高1000mから1400mにかけて。稜線を左にたどっていくとChimney Topsが見える。
イメージ 2
 
球果のついたhemlockのシュート。形態は日本のツガによく似ている。ただ、生態的性質はちょっと違っていて、日本のツガにくらべて耐陰性が強く、暗い林床でも稚樹をよく見かける。
イメージ 3
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 04:09| Comment(0) | グレートスモーキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷部広葉樹林

谷部広葉樹林=Cove hardwood forestのcoveというのは、日本のイルカ漁を批判するドキュメンタリー映画の題名では、「入り江」という意味だったが、ここでは、「山中の窪地」を表す。日本でも海岸と山地の地形を現すのに同じ言葉を使うことがある。下はChimny tops頂上(標高1400m)からの光景。谷に沿って黄緑色の谷部広葉樹林が分布し、それより斜面上側の森林とはっきり区別できる。左斜面の枯れ木はHemlock。
イメージ 1
 
Cove forestを特徴づけるのは、なんといってもモクレン科のユリノキ=Tuliptree=Yellow poplar (Liriodendron tulipifera)。下の写真は、上の写真で見えている場所(Chimneys picnic area、左に突き出ているcove forestの谷のうち、下から2番目)で、ピクニック用に整備された林分だが、ユリノキがほぼ純林をなす。標高2750feet=840m。
イメージ 2
 
これはOconauftee River Trail (標高610m = 2000feet)沿いのcove forest(たぶん二次林)に生育するユリノキ(右)とプラタナス(左、sycamore、Platanus occydentalis)。ほかにモミジバフウ(sweetgum、Liquidamber styracifolia)もこういう場所に生える。日本でもおなじみの街路樹の野生の姿が見れて興味深かった。
イメージ 3
 
後記:加藤則芳「メインの森をめざして」(102ページ)によると、グレートスモーキーの南西Joyce Kilmer Memorial Wood に巨木林があるという。「直径2メートルを超すメイプルやユリノキ、アメリカスズカケなど」という記述から判断してcove forestである。今度機会があれば行ってみたい。
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 03:20| Comment(0) | グレートスモーキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北方広葉樹林

国立公園のパンフレットでは、広葉樹林をnorthern hardwood forestとCove hardwood forestに区別し、前者は標高1370m(4500feet)以上に分布し、後者はそれ以下の土壌の肥沃な谷部に分布するとされる。前者の優占種はアメリカブナAmerican beech (Fagus grandifolia)とYellow birch (Betula alleghaniensis)で、カエデ属(Acer spp.)やwhite basswood (Tilia americana)やyellow buckeye(Aesculus flava)も混じる。後者ではこれらすべてに加えて、tuliptree (yellow poplarとも呼ぶ、 Liriodendron tulipifera)、eastern hemlock (Tsuga canadensis)、モクレン属(Magnolia spp.)、ヒッコリー属(hickory、 Carya spp.)なども混交する。前者の構成種は後者の構成種の部分集合であり、後者の構成種の中でより低温・貧栄養な条件に適応した種だけが前者の構成種となっている。
 
私が今回歩いた範囲でnorthern hardwood forestに相当するのは、Chimny tops trailで、標高1000~1400mの範囲である。Trailは起点からずっと谷沿いを走り、Yellow birchとYellow buckeyeが圧倒的に多かった。尾根にとりつくまでの斜面はEastern hemlockが、尾根に達するとRed spruceが多かった。アメリカブナが優占する林分は観察できなかった。
 
これはTrailの起点近く、Yellow birchが優占する沢沿いの林分。
イメージ 1
 
沢をずっと登って、斜面に移る手前の谷部。Yellow buckeyeの優占する林分。
イメージ 2
 
沢から斜面に出るとHemlockが多くなる。ただし、ほとんどカイガラムシにやられて枯れている。これはかろうじて生きているHemlockの大木。左右の緑の濃い若木はSpruce。
イメージ 3
 
Chimny tops頂上の岩場から稜線を見たところ。Spruceが尾根沿いに生えている。左斜面にHemlockの枯れ木が点在する。ただし、Spruceも枯れていることがあるので、よく見ないとどちらかわからない。稜線の枯れ木はSpruceのほうかもしれない。大気汚染が原因かもしれない。
イメージ 4
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 02:00| Comment(0) | グレートスモーキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。