2010年09月28日

ホイットニー山

シエラネバダの最高峰はホイットニー山(Mount Whitney)で、標高は4419m (14498 feet)。アメリカ本土48州の最高峰でもある。北緯37度に位置し、南北に伸びるシエラネバダの南端近くにある。
 
登り始め。1200m(4000feet)。手前は砂漠。左奥の切り立ったギザギザのうち、ひときわ大きな歯がピーク。
イメージ 1
 
上の写真の右側斜面にV字を左に倒した形に道路が見える。そのV字カーブ手前の斜面。Pinyon-juniper(一葉マツ・ネズミサシ)ウッドランド。イメージ 2
 
V字カーブを過ぎた道は谷間へ入っていく。その谷間の斜面。急斜面はウッドランド。谷筋には森林が成立。
イメージ 3
 
登山口のWhitney Portal。標高2550m(8360feet)。ここに車をとめて、ここから先は徒歩の登山になる。葉が灰色っぽく、枝が上にでているのが、Jeffrey pine(ジェフリーマツ)。葉が濃緑色で、枝が横に出ているのがWhite fir(モミ)。
イメージ 4
 
標高3000m(9900feet)。Lone Pine Lake付近。2種のマツが優占。Foxtail pine(左)とLodgepole pine(右)。
イメージ 5
 
標高3240m(10640feet)。Mirror Lake。ここが森林限界。右側斜面には岩の割れ目にへばりつくようにFoxtail pineが生えている。さすが、Bristlecone pineの近縁種(交雑可能らしい)。
イメージ 6
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 12:55| Comment(0) | カリフォルニアの植生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトマウンテンズ(カリフォルニア)

世界一の樹齢の樹木Bristlecone pineが生育していることで有名なWhite Mountains。カリフォルニア州3位の高峰、White Mountain Peak (4342m = 14246 feet)がある。ニューハンプシャー州に同名の山があり、アメリカ北東部最高峰ワシントン山(1917m)があるので、ややこしい。https://vegetation.seesaa.net/article/a4092340.html参照。
 
登り始めの1200m(4000feet)。砂漠。
イメージ 1
 
1800m (6000feet)。まだ砂漠。左奥の稜線の鞍部に2本の針葉樹が見える。この道沿いでは最初の針葉樹。わかりますか?
イメージ 2
 
2400m(8000feet)。Pinyon-Juniperウッドランド。灰白色がpinyon、緑色がjuniper。
イメージ 3
 
2900m(9500feet)から斜面下側を眺めたところ。Pinyon-juniperウッドランドの森林限界となっている。右下の谷間の茶色い模様に注目。
イメージ 4
 
同じ場所から斜面上を見たところ。上の写真の右下の谷間が、この写真の左下に見える。右奥の斜面に再び森林が出現している!あれが、Bristlecone pineの林。Pinyon-juniperウッドランドの森林限界の上に高山荒原をはさんで存在する。イメージ 5
 
 
3050m(10000feet)からちょっと登って下を見たところ。標高が高い左斜面にBristlecone pineの森林が成立し、標高の低い右側の平地は荒原になっている。よく見ると、Bristlecone pine林の地面は白っぽい。これは、dolomiteという石灰岩。Bristlecone pineの森林はこの地質にだけ成立する。
イメージ 6
 
一番手前はむき出しの堆積岩。風化作用で露岩が自然に粉々に崩れている。左上から右下にかけては南向き斜面。乾燥が激しくBristlecone pineの樹高は低く、密度も低い。奥の斜面は北向き斜面。乾燥の程度が弱いため、樹高が高くなって密生する。長寿命の個体は、南向き斜面に出現し、一見みすぼらしく見える個体だそうだ。
イメージ 7
 
長寿命の個体はたぶんこんな感じだろう。左側の個体は完全に死んでいるが、右側の個体は左下の枝がかろうじて生きている。
イメージ 8
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 10:58| Comment(0) | カリフォルニアの植生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大地形と植生:垂直分布

シエラネバダの最高峰はホイットニー山(Mount Whitney)で、標高は4419m (14498 feet)である。アラスカ・ハワイを除くアメリカ本土48州の最高峰でもある。アラスカにはマッキンリー山(デナリ山)6194mなどホイットニーより高い山が多数あるが、ハワイの最高峰マウナロアは4207mなので、アラスカ以外の49州の最高峰とも言える。北緯37度に位置し、南北に伸びるシエラネバダの南端近くにあり、山頂部の稜線はセコイア国立公園の東縁となっている。ホイットニー山の10km北、日系人収容所のあったマンザナールの西にはウィリアムソン山があり、これがシエラネバダ第2位の高峰(14375 feet=4382m、https://vegetation.seesaa.net/article/a6129995.html)。
 
一方、セコイア国立公園の北にあるヨセミテ国立公園(北緯38度)の最高峰はライエル山(Mount Lyell)で、標高3997 m = 13114 feet。下の写真はTioga Roadから見えるダナ山(Mount Dana、3979 m = 13053 feet)で、ヨセミテ国立公園内で第2位。
イメージ 2
 
さらに、セコイア国立公園からオーエン谷をはさんだ東側にある、グレートベースンのホワイトマウンテンズには、カリフォルニア第3位の高峰、White Mountain Peak (14246 feet=4342m)がある。Bristelcone pineはこのホワイトマウンテンズに生育している。ニューハンプシャー州に同名の山系があり、アメリカ北東部最高峰ワシントン山(1917m)があるので、ややこしい。https://vegetation.seesaa.net/article/a4092340.html参照。
 
このように、北緯36~38度にかけてのシエラネバダ南部とホワイトマウンテンズは、標高4000mにわたるカリフォルニアの垂直分布を見るのに最適な場所である。
 
この地域では、太平洋岸から内陸に向かうにつれて、降水量が以下の順に減少していく。
シエラネバダ西斜面>シエラネバダ東斜面>ホワイトマウンテンズ
以上の3つの斜面を比較することで、異なる降水量条件にともなう垂直分布の変異を見ることができる。
 
まず、シエラネバダ西斜面(ヨセミテ国立公園)
1000feet以下   草原
1000~3000feet カシ・Gray pineウッドランド
3000~6000feet 中標高針葉樹林(Ponderosa pine, White fir, Incense ceder)
6000~8000feet 高標高針葉樹林(Red fir)
8000feet以上   亜高山帯マツ林(Lodgepole pine, Jeffrey pine)
 
次に、シエラネバダ東斜面(ホイットニー山)
5000feet以下   砂漠
5000~7000feet  Pinyon-juniperウッドランド
7000~9000feet 中標高針葉樹林(Jeffrey pine, White fir)
9000~11000feet 亜高山帯マツ林(Lodgepole pine, Foxtail pine)
 
最後に、ホワイトマウンテンズ
7000feet以下    砂漠
7000~9000feet  Pinyon-juniper ウッドランド
9000feet以上     Bristlecone pine林
 
以上のように、乾燥の程度が激しくなるにつれ、垂直分布が単純化していくことがわかる。なお、Ponderosa pineとJeffrey pine、およびFoxtail pineとBristlecone pineのペアそれぞれは、交雑可能な近縁種であり、それぞれ前者にくらべて後者がより乾燥した気候に適応している。
 
下の写真はホワイトマウンテンズから見たシエラネバダの東斜面。全体的に赤っぽく、乾燥しているのがわかる。稜線部に、白く見えているのは氷河(Palisade Glacier)。氷河の右端付近の奥に、シエラネバダ3位の高峰North Palisade4343m(14248feet)が見えている。手前のホワイトマウンテンズの斜面はずっとPinyon-Juniperウッドランドに覆われているが、斜面下方に向かうにつれ木の密度が低下している。 
イメージ 1
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 08:32| Comment(0) | カリフォルニアの植生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。