2010年06月30日

木本:アジサイ科

アジサイ科(Hydrangeaceae) 以前はユキノシタ科(Saxifragaceae)に含められていた。
 
日本に自生するツルアジサイ(Hydrangea anomala)。アメリカでもアジサイは人気のある庭木だが、ツルになるのはこの種だけのようだ(南米の種もツルらしいが、見かけない)。写真はCambridge Commonの子供の遊び場(playground)を囲うフェンスにからませたあったもの。5月25日。
イメージ 1
 
アジサイ属には約70種あるが、ほとんどが東アジア産、1種が南米(ツル性でNothofagus林に生えているらしい)、2種が北アメリカに自生する。これは北米南東部原産で、最近日本でもよく見かけるカシワバアジサイ(Hydrangea quercifolia、Oakleaf Hydrangea)。7月3日。 
イメージ 3
 
Philadelphus バイカウツギ属 英名はMock-orange。北~中米、アジア、南東欧に約60種が分布する。CambridgeのLongy School of Musicの近く。5月25日。
イメージ 2
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 10:11| ボストンの植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草本:ツユクサ科

ツユクサ科(Commelinaceae, Spiderwort Family)
Tradescantia virginiana 折れ曲がった葉がクモの足を連想させるので英名はSpiderwort。北米東部原産。和名はムラサキツユクサ。
イメージ 1
 
ツユクサ(Commelina communis)もあります。東アジア原産で、1つの花は1日しか咲かないので、英名はAsiatic Dayflower。
イメージ 2
ラベル:北アメリカ
posted by なまはんか at 09:55| Comment(0) | ボストンの植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草本:シソ科

シソ科(LabiataeまたはLamiaceae)
Leonurus cardiaca Motherwort アーノルド樹木園にて。6月21日。下部の葉は3~5裂する。
イメージ 1
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 09:27| Comment(0) | ボストンの植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。