2010年09月21日

ワシントン山の植生:垂直分布

ワシントン山の山頂に行くには3つの手段がある。東斜面には自動車道(auto road)が、西斜面には鉄道(cog railway)がある。登山道は東西南北に多数ある。今回は自動車道で頂上まで行き、その後西斜面の登山道を4000feetまで登ってみた。
 
自動車道の起点は標高1600feet。登り初めてすぐの2000feet。落葉広葉樹林の上限近く。赤く紅葉しているのはsugar maple。
イメージ 1
 
西斜面Ammonoosuc Ravine Trailの入り口。標高2500feet。広葉樹林と針葉樹林の移行帯の上限近く。濃い緑でひときわ高く突き出ているのはred spruce(Picea rubens)、下層に多くて白っぽいのは、balsam fir(Abies balsamea)。赤く紅葉しているのはsugar maple。
イメージ 9
 
自動車道約3500feet。針葉樹林帯のど真ん中。黄葉しているのは、paper birchが多い。
イメージ 2
 
東斜面自動車道4000feet。Balsam fir林の下限近く。red spruceが脱落する。写真手前は尾根の上で、強風のためBalsam firは偏形樹(flag tree)となっている。写真右奥の鞍部には発達したBalsam fir林が見える。
イメージ 4
 
西斜面登山道4000feet。急斜面だが谷の中なので、樹高が高い。Balsam firのほぼ純林。
イメージ 3
 
西斜面登山道からワシントン山西斜面の1220~1525m(4000~5000feet)付近を見上げたところ。balsam firが優占するが、ところどころ縞状に枯れているのが見える。日本の亜高山帯でも見られる「縞枯れ」である。こちらでは、fir waveと呼ぶ。Mt Fieldでも、小規模だがもっとわかりやすいものを見た。https://vegetation.seesaa.net/article/a4152035.html参照。
イメージ 10
 
自動車道5000feet。クルムホルツ帯。ほとんどbalsam firだが、black spruce(Picea mariana)も混じるらしい。
イメージ 5
 
自動車道5500feet。クルムホルツ帯と高山帯の移行部。浅い谷に沿って筋状にクルムホルツが生え(緑色の部分)、その間に風衝低木林または草本群落が生えている(茶色の部分)。このように、森林限界は一本の線ではなく、幅の広い移行帯となっている。
イメージ 6
 
自動車道6000feet。樹木限界の上の高山帯。
イメージ 7
 
標高6288feet(1917m)の山頂部。西斜面を登ってきた鉄道が、山頂駅に着こうとしている。
イメージ 8
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 10:18| Comment(0) | ホワイトマウンテンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください