2014年03月06日

鹿児島に神降臨

鹿児島に神が来た。
8500円払って行ってきました。
今回のツアーはスコーピオンズの元メンバーが多いので、スコーピオンズの曲が多かったです。
Love drive
Blackout
Another piece of meat
Rock you like a hurricane
Holiday (アンコール)
など
 
MSGの曲は
Rock my nights away
Armed and ready
Assault attack
Attack of the mad axeman
Before The Devil Knows You're Dead
インストが2曲
Into the arena
Captain Nemo
かな?
 
UFOの曲では以下が演奏された。やはり盛り上がってました。
Only you can rock me
Let it roll
Too hot to handle
Shoot shoot
Lights out
Rock bottom
Doctor doctor(アンコール)
 
Only you can rock meの泣きのギターはよかった。Rock bottomももちろんよかったが、音楽自体はCD(オリジナルとライブ)のほうがよいと思った(比べらるものではないが)。白黒のフライングVを使っていたのは数曲だったが、そのギターを弾いている神を生で見れて満足です。
 
客はさすがに、年寄りが多かった。1500人のホールが7割がた埋まっていたので、意外に入ってるな、という印象。いかにもHR/HMといういでたちの人はほとんどおらず。歌っている人はあまりおらず、コアなファンはそんなにいない感じがした。しかし、それなりに盛り上がっていて、神はじめメンバーは楽しそうに演奏・歌ってました。
 
今回のツアーで歌っていてのは、ドゥギー・ホワイト。まあ、安心して聞いてられました。しかし、やはり、マイケルのギターに合うのは、あのぶっきらぼうなフィル・モグの声だとどうしても思ってしまう。マイケルの泣きのギターに、典型的HR/HMヴォーカルの高音シャウト(GBもこっち系)はベタすぎる(Led Zepのように)。グラハム・ボネットももちろんよかったのだが、曲がDancerぐらいポップでないと重すぎる。
 
ところで、私が一番好きなUFOの曲は「I'm a loser」です。ビートルズにも同じタイトルの曲があるようですが、もちろん無関係。UFOの曲の歌詞は青臭くてセンチメンタルすぎるのだが、ロック/ポップ音楽としては許容範囲でしょう。Rock bottomだって、曲のハードさとは不釣り合いに歌詞は青臭さ全開なので。「I'm a loser」はマイケル在籍時のUFOのライブアルバムStrangers in the nightにも収録されていて、ググってみるとそれなりに人気がある曲のようです。Schenker/Moggがcomposerなのだが、残念ながら今ではマイケルがライブで演奏することはないようです。いっぽう、フィル・モグのUFOは今でもライブでやっているよう。

ちなみに、日本語版の歌詞カードで「I'm a loser」の歌詞に出てくる地名をヒューストン(Huston、アメリカ・テキサス州)と訳しているのは誤りのようです。UFOはあくまでイギリスのバンドで、「Lights out」もロンドンが舞台です。ヒューストンに聞こえるのはユーストンEustonで、ロンドンのターミナル駅の一つです。ロンドンには東京と同じように、いろんな私鉄の終着駅があちこちにあり、ユーストンはその一つです。
ラベル:洋楽
posted by なまはんか at 23:48| 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする