2013年06月07日

里山=山谷村

四手井が一般向けの書籍で初めて「里山」という言葉を使ったのは、1974年刊の『もりやはやし』においてである。四手井は晩年に里山=農用林という定義に固執したが、このときすでに以下のように述べている。
 
 …里山は農用林といわれ、林業の用に供されたというよりも農業の犠牲林であったといったほうがよいであろう。
 
では、里山(=農用林)と農地を合わせた農村のことはなんと呼べばいいのだろうか?四手井は以下のようにも書いている。
 
 …里山と農地という物質の流れをともなった人工生態系…
 
現在では、多くの人が里山を日本の伝統的な農村景観を意味する言葉として使用しているが、狭義には里山とは農村の中の森林で覆われた山の部分(里山林)を指し、農地は含まない。文字面から受ける印象では、平坦地に成立する水田を里山に含めて呼ぶのはおかしいように感じる。
 
川喜田二郎は、1960年に刊行された『日本文化探検』所収の論考「山と谷の生態学」で、水田と森林が隣接する日本の日本の伝統的農村=里山の空間構造が、日本独特の地形からもたらされた可能性を指摘している。当時は里山という言葉はまだ一般に流布していなかった。
 
 …林野は、少なくとも水田に適さない傾斜地があったればこそ護られてきたのである。逆に水田とその肥沃度は、林野によってこそ保たれてきたのである。山と谷と村とは、こうして緊密な生態学的体系をなし、そこに日本人的生活様式のもっとも伝統的なものが育ったのであった。
 
そして、このような日本独特の「林野と水田という生態的結合」を指す言葉として、その基盤となる地形に着目し、「山谷村」という言葉を用いている。
 
 …日本には山も平野もない。あるのは「山=谷」のみである。
 
「山谷村」は、農村景観全体を指す言葉としては「里山」より適している。しかし、「山谷村」という言葉には、人の営みによって維持されてきたというニュアンスは感じられない。その意味では人間くさい「里山」のほうが、イメージを喚起させやすく、それゆえ一般に受け入れられたのだろう。
 
 
ラベル:生物学
posted by なまはんか at 22:42| 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする