2011年07月06日

植物生態学者としてのソロー

ソロー(1817~1862)は、植物生態学の先駆者としての側面を持っている。
ソローがウォールデン湖畔に住んだのは28~30歳の間の2年2か月である。しかし、植物オタクとして目覚めたのは、その後からで、身の周りの植物の名前調べに熱中するようになった。
 
ソローが植物学の勉強や名前調べに使ったのは、おそらくグレイ(1810~1888)の以下の書籍である。ソローの自署がある本が見つかっている。
The botanical textbook 1853
A manual of botany of the northern United States 1848
Manual of botany of the northern United States 1856
後二者は、同じ本の異なる版と思われる。このmanualは、アメリカ東部の植物を調べる際の必携書であり、その後継書は「Gray’s new manual of botany」としてGrayの死後も出版されている(日本の大学には1908年刊の第7版が多く所蔵されている)。1950年にもFernaldによる第8版が出版されているようだ。
 
植物のフェノロジー(生物季節:開葉・開花などの季節変化)の観察にも情熱を注いだ。日記には次のような一節がある。
 
I soon found myself observing when plants first blossomed and leafed, and I followed it up early and later, far and near sevral years in succession, running to different sides of the town and into neighboring towns, often between twenty and thirty miles in a day. I often visited a particular plant four or five miles distant, half a dozen times within a fortnight, that I might know exactly when it opend, besides attending to a great many others in different directions and some of them equally distant, at the same time.
 
1マイル=1.6kmなので、1日に20~30マイルということは32~48kmである。ソローが馬に乗っていたかどうか知らない。もしかしたら歩いていたのかもしれない。どっちにしても、ものすごい運動量である。2週間に6回(ほとんど2日に1回)も4~5マイル離れた植物を見に行ったというのもすごい執念である。現代の植物生態学者でもここまでする人はなかなかいないだろう。
それだけの労力をかけてとられた貴重なデータなので、ソローのデータは現代の生態学者からも信頼されており、そのデータと現在のデータを比較することで、ソローの時代と現代の150年の間に生じたフェノロジーの変化が分析されている。
 
ソローは植生遷移についても、successionという後に定着することになる学術用語と同じ単語を用いて、すぐれた考察を行い、死の2年前1860年にThe succession of forest treesと題する講演をおこなっている。ちなみに、生態学の分野でsuccesion の語を最初に用いたのはCowlesで、1899年のことである( "The ecological relations of the vegetation of the sand dunes of Lake Michigan" ,Botanical Gazette)。 生態学における遷移理論の古典Clementsの“Plant Succession”が出版されたのは1916年である。
 
グレイは78歳まで生きたが、ソローは45歳で結核のため早世した。その原因は1860年12月、吹雪の中、樹木の年輪を調べて風邪をひいたためだという。なぜ春を待てなかったのか・・・・?植物オタクらしい最期ではあった。
ラベル:北アメリカ
posted by なまはんか at 02:57| ケープコッド・ウォールデン湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする